小室圭さん、突然の「声明FAX」母の元婚約者と食い違う主張

借金トラブルにより秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期されるなか、沈黙を続けていた小室圭さん(27)が、1月22日、騒動からはじめての声明を、マスコミあてに一斉FAXで送信した。

《私小室圭の母とその元婚約者の方との過去の関係について、一昨年からご心配をおかけしており、たいへん申し訳ありません。

 これまでに多くの報道があったことについては承知しておりますし、私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々にご迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています。

 元婚約者の方との関係について母に代わってご説明したいと考え、このような方法をとらせていただきました》

 小室さんの説明によれば、母・佳代さんと元婚約者A氏は、2010年9月に婚約し、結婚生活を始める準備するなかで、家族的な関係だったA氏から金銭的な支援を受け、母子ともに感謝していたそう。

 ところが、2012年9月、A氏から佳代さんに、婚約を解消したいという申し入れがあった。佳代さんは、突然で詳細な理由の説明がなかったため、いっとき憔悴したが、最終的には受け入れた。

《母が婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。

 支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです。実際に婚約解消後しばらくの間は、私や母が元婚約者の方から金銭の返還を求められることはありませんでした》

 ところが、婚約を解消して1年ほどした2013年8月のこと。佳代さんのもとにA氏から、「交際していた期間に負担した費用」の返済を求める手紙が届いたという。

《婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました。
source:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00010001-flash-peo

中国奥地で売られた「少女A」の前に現れた救世主

中国の内モンゴル自治区で、人身売買の犠牲となった少女が、別の脱北女性に救出される出来事があった。

事情をする脱北者が今月23日にデイリーNKに明かしたところによると、中朝国境に面した北朝鮮の村に住んでいた少女Aさんは、ブローカーに騙され中国に連れて行かれた。中国人男性に売り飛ばされたAさんはかろうじて逃げ出したが、ブローカーに捕まり、別の男性に売られたがまた逃げ出した。ブローカーは、Aさんをより儲かる内モンゴルに売り飛ばそうとした。

両江道(リャンガンド)の情報筋によると、最近は北朝鮮との国境から300キロ以上離れた内モンゴルでも、北朝鮮女性を求める中国人男性が増加している。彼らは国境地域の「相場」の倍近い報酬を支払っているとされ、内モンゴルまで女性を連れて行こうとするブローカーが増えているという。

北朝鮮当局が国境統制を強化し、脱北する人が減ったことも影響して、「相場」はさらに上がっているが、取引の件数が減ったブローカーは1人でも多くの女性を売ろうと血眼になっている。

知人を通じてAさんの事情を伝え聞いた韓国在住の脱北女性Bさんは、資金を調達し、ブローカーに渡してAさんを引き取り、韓国に連れ帰ったという。

「同じ北朝鮮出身の女性が人身売買の犠牲になるのをとても見ていられなかった。彼女はまだ幼く気の毒だったので、ブローカーから引き取った。今この瞬間にも、人身売買の犠牲になっている北朝鮮女性が数多く存在する」(Bさん)

正確な統計は存在しないが、中国で人身売買の犠牲になっている北朝鮮女性は相当な数に上る。
前出の情報筋によると、ブローカーらの手口は「脱北を助けてやる」「儲かる仕事を紹介する」などと甘い言葉で女性をそそのかし、国境を超えて中国に着くとすぐに自由を奪い、売り飛ばすというものだ。年齢や容姿に応じて4万元から10万元(約65万円~163万円)で売買されるという。

一晩で中国市場を全て失ってしまったドルガバ炎上事件の衝撃

日本では、日産とゴーン元会長の話題が、日本とフランスの外交関係に大きな影響をおよぼしそうな昨今ですが、お隣の中国ではイタリアを代表する世界的なファッションブランドであるドルチェ&ガッバーナが大きな炎上騒動になってしまっているようです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20181123-00105139/
参考:「ドルチェ&ガッバーナ」デザイナーが中国を侮辱したとして上海のショー中止

中国とイタリアの炎上騒動と言うことで、自分には無関係と思う読者の方も多いかもしれませんが、今回の騒動は多くの日本企業にも他人事ではない話だと感じましたので、こちらでご紹介しておきたいと思います。

具体的な炎上の経緯は、こちらのなつよさんのツイートや、下記の英語記事が詳しいですので、是非ご覧頂ければと思いますが。

参考:Everything you need to know about WTF is happening with Dolce & Gabbana right now

簡単に時系列でこちらでもまとめてみます。

■11月17日

 ドルチェ&ガッバーナのSNSアカウントに、上海のショーのプロモーション動画が順次3本アップされる。

 この動画が中国に対して失礼ではないかと中国でも騒動に。

 中国のSNSであるweiboからは結果的に動画は削除(インスタやツイッターは削除せず)

■11月19日

 Diet_PRADAなど、影響力の高い英語系アカウントでも批判が高まる。

(このダイエットプラダは、ファッション業界でも恐れられているネタバレアカウントというのがポイント)

参考:恐るべき「ネタバレ」インスタ、ダイエットプラダが未来を語る。

https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20181123-00105139/

みんな日本語の学術言語としての重要性を軽く評価しすぎ

査読論文持ってないひとが責められるのはまあわかる(査読なし論文でも優れた論文というのは有り得るし,そういうのも業績として認められるべきではあろうが,このご時世ではまあ査読論文は持っといた方がいいよな……).でも英語論文を持ってないことが責められる理由になるのは本当に理解できない.

何度も繰り返すけど,フランスでもドイツでもロシアでもスペインでも,そしてたぶん中国や韓国でも,文系の研究業績の大半は自国語だから!

文系の研究業績が自国語で積み上げられるのは,世界標準だから!

(インドやサハラ以南のアフリカ諸国のように長いこと西欧の植民地になってたり言語の数が多すぎたりして大学教育を英語でやっている国や,ツバルやナウルみたいに小さすぎて自国語のアカデミアが成立しない国を除く.そういう国がうらやましいと言うならもう何も言えないけれど)

そりゃ英語論文を持ってたらすごいと思うよ.でも英語論文がないことが叩かれる理由になるのは本当に理解不能.

そもそも,社会学には膨大な日本語の研究蓄積がある.いくつもの査読誌があり,日本語で査読を経た研究成果が積み上げられている.博論をもとにした出版も多く出ているし,入門書から何から日本語で一通り揃うようになっている.

自国語で用が足りるんだから,論文の執筆言語は自国語でいいだろ.繰り返すけど,それが世界標準です.

イギリスやアメリカの学者が英語で書き,フランスの研究者がフランス語で投稿し,ドイツの博士がドイツ語で教授資格申請論文の審査を受け,ロシアの院生がロシア語で報告している中で,なんで日本の教授が日本語の業績しか持っていないのを責められなければならないのか皆目わからない.

これは社会学に限ったことじゃない.政治学だって,歴史学だって文化人類学だって,文学だってそうだ.だいたいどの分野でも有力な査読つき学術誌を持っているし,それらの雑誌は日本語で書かれている.

知っておきたい東京駅の活用法

サービスを活用して荷物を預けよう
荷物を預けたいときに空いている「コインロッカー」が見つからないと困りますよね。そこで活躍してくれるのが、どこに空きがあるのかを検索できる「コインロッカーなび」。大・中・小のサイズで絞り込むこともできるのでとっても便利なんですよ。
ロッカーに入らない大きい荷物は手荷預かり所(クロークサービス)を利用すればOK(1個600円/大きさ・重さ制限あり)。場所は1階・JR東日本トラベルサービスセンターと改札内地下1階・グランスタ内。ここから荷物を空港に送ることもできますよ。

手紙を出すなら丸の内中央改札付近のポストへ
丸の内中央口改札付近(改札内)には、東京駅を模した形の郵便ポストが設置されています。向かって左側の投函口に郵便物を差し出せば、「風景印」と呼ばれる特別な消印を押してくれるんですよ。日付と「東京中央」の文字、東京駅が描かれたデザインなので、旅の記念に家族や友人、自分に向けて手紙を出してみては?

こんなサービス・施設も便利
そのほかにも、うれしいサービス・施設が満載。たとえば、グランスタ内にある「ステーションコンシェルジュ東京(英語対応)」。駅施設の案内のほか、都内の観光・イベント情報、地方の観光情報など、さまざまな質問に対応してくれます。
赤ちゃん連れの方は、オムツ替えベッド、手洗器、授乳用イスが完備された「ベビー休憩室」も要チェック。改札内なら1階の東北・上越・北陸新幹線中央のりかえ口と地下1階・八重洲地下中央口。改札外なら地下1階・キャラクターストリートにあります。
1階・丸の内北口にあるJR東日本トラベルセンターとグランスタには「外貨両替所」も。いずれも33の通貨に対応しています。
引用元:https://wow-j.com/jp/Allguides/tokyo/tips_manners/01330_jp/

お台場で「東京モーターフェス2018」開催! 写真をSNS投稿すれば愛車が展示されるかも!?

一般社団法人 日本自動車工業会は2018年10月6日(土)から8日(月/祝)に東京臨海副都心の特設会場プロムナード公園及びMEGA WEBにて「東京モーターフェス2018」を開催します。

「胸に、ぎゅんとくる。」をテーマにしたこのイベントは、クルマ・バイク・商用車の最新車両の展示、試乗体験やデモ走行をはじめ、e-スポーツや痛車の展示、キッズ向けや女性向けのプログラムなど、今までにないコンテンツを数多く用意することで規模が拡大されました。

 9月5日(水)からは開催に向けて『#ハッシュタグキャンペーン』を開始しており、『#胸ぎゅん』『#車愛』のタグを付けてクルマ・バイクに関するご自身のエピソードをTwitter上に投稿すると、抽選で様々なオリジナルグッズが獲得できます。

 また、「平成最後」の開催となる今回は、時代を彩った名車やブームを振り返る企画も用意されていますが、ご自身の自慢のクルマ・バイク画像に『#愛車を見てくれ』のハッシュタグを付けてSNSに投稿すると、その中から30台限定で東京モーターフェス 2018 の会場内にクルマが展示されるとのことです。

 一般社団法人 日本自動車工業会はこの「東京モーターフェス2018」を通じてクルマ・バイクファン拡大を目指すとともに、来年開催される「第46回東京モーターショー2019」に向けて、盛り上げにも繋げていくといいます。

84年前の少女たちが「今の女子高生と同じ姿」と衝撃走る

84年前の日本を撮影した動画に映った女学生と思われる少女たちが、現代の女子高生と変わらないファッションをしていると、ネット上で話題になっている。お下げ髪こそ古風だが、セーラー服や膝丈のプリーツスカートにタイツ姿で目いっぱいオシャレしていることが分かる。

この少女達が映ったのは「JAPAN LAND OF THE CHERRY BLOSSOMS」というモノクロ映画。2012年にオランダのミハエル・ロジェさんが「1932年の日本の映像」として、YouTubeにアップした。「女学生」たちは2分48秒〜54秒にかけてカメラの前を通過している。

1932年といえば、昭和7年。日本は深刻な昭和不況からは立ち直りかけていたが、軍部の発言力が増大。犬養毅首相が殺害される五・一五事件が発生したほか、日本軍の占領地域に満州国が建国された。ドイツではナチスが第一党に躍進するなど、第二次大戦前夜の不穏なムードが世界中に漂い始めていた。

そんな中でも人々は、日々の生活を楽しんでいたことが分かる貴重な動画。ただし文字が鏡文字で映るなど、映像は左右が反転している模様だ。

まさか、この少女たちはタイムトラベラー?「時をかける少女」だったのか?

ここでネタ晴らしをしたい。まず女子高生の着ているセーラー服であるが日本での歴史が古く1921年(大正10年)に福岡女学院が採用したのをきっかけに全国の女学生に広まっている御嬢さん学校ではポピュラーのもの。着用している黒タイツもこれも戦前に女性の間で大流行し、今も女性が着用する「バルキータイツ」の一種ではないかと思われる。

そう・・・彼女らはタイムトラベラーではなく当時の普通の女子高生だったのである。セーラー服もバルキータイツは21世紀でも健在のためやや浮いて見えるが、女性のファッションセンスはあまり変わっていないという貴重な資料である。

学級崩壊した後の学級担任

1度だけ、自分のクラスが崩壊した経験がある。ただ、若い時で、記録もちゃんと取っていないし、その時は必死になっていたので、いったい何が原因で起こったのか不明である。諸先輩方には連日いろいろアドバイスをいただいたが、結局、収束には至らなかったような記憶がある。

その後の長い教師生活の中で、学級崩壊を間近に見た経験がある。それをここで書きたい。

最初はある、教育に非常に熱意のある、若い女の先生のクラスで起こった。
転勤してきたばかりで、学校や子どもの様子をよく知らない。それなのに、5年生を担任した。
教育に対して非常に熱意のある先生だ。クラスはこうでなければならない、子どもと子どもの関係はこうでなければならない、ということで指導されていた。友だちとは仲良くするものでしょ、力を合わせあうものでしょ、ということを真っ直ぐに子どもに言っていた。
勉強についても熱心に取り組まれていた。力の弱い子どもには、やさしいドリルを別に作ってやったり、放課後遅くまで勉強をみてやったりしていた。何度か、理科(算数)のここ、むずかしいでしょ。どうにかやさしく教える手だてはないものでしょうか、と質問を受けたことがある。
中休みに子どもと一緒によく遊んでいた。
ところが、6月頃から学級がうまくいかなくなった。相談も受けた。
原因は、熱心すぎることにあると思った。上に書いたように、この先生には子どもはこうあるべきだという強い思いこみがあって、それに合わない子どもに強く指導する傾向があった。それが、少しのことでも強く指導するものだから、子どもの方でだんだん先生から離れていったわけである。
もう少しゆとりをもたれたら、というアドバイスは差し上げたが、先生の人柄からはそれを認めるわけにはいかないようだった。一端敷いた路線を変更することは確かに危険である。
で、先生は病休を取られ、翌年の3月には他校へ転勤された。
熱心な先生が転勤されたことは大変残念だった。

台風25号 非常に強い勢力に 週末は南西諸島に影響

 台風25号は1日(月)15時現在、フィリピンの東の海上にあって、北西に時速15kmで進んでいます。

中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45m/sと非常に強い勢力となりました。

発達を続けながら北西に進む見込み

 衛星画像では中心付近に台風の目が確認出来ます。

▼台風25号 10月1日(月) 15時現在
存在地域   フィリピンの東
大きさ階級  //
強さ階級   非常に強い
移動     北西 15 km/h
中心気圧   950 hPa
最大風速   45 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 60 m/s

台風はこの後も発達を続けながら北西に進み、3日(水)~4日(木)にかけては発達のピークを迎え、中心気圧が935hPa、最大風速は50m/sに達する見込みです。

24号よりもさらに西よりの進路か

 今週後半にかけて夏の高気圧が勢力を強めるため、24号よりもさらに西よりの進路を進むと見られます。

5日(金)頃には先島を中心とする南西諸島に近づく恐れがあるため、警戒が必要です。

 先島を通過した後は東シナ海を北上、ジェット気流に乗る形で東に進路を変える可能性があります。週末以降の進路にはまだブレ幅が大きく、世界各国の気象シミュレーションモデルの計算結果でも差異がある状況です。

同じ機関のモデルでも、最新の計算が更新されるたびに、情報が大きく変わることもあるため、随時最新情報をご確認ください。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風25号のコンレイ(Kong-rey)は、カンボジアが提案した名称で、伝説に登場する少女の名前/山の名前です。