ペットボトルを机に置いてください。出来たらあなたは合格です。

これから最終面接が始まる。

 観葉植物が並んでいる小綺麗な廊下で、僕は呼ばれるのをじっと待っていた。膝の上に置く拳に汗がじわじわと滲む。ここまで来るのにどのくらいの手間と時間がかかったことか。

 僕はスーツのポケットから小さな鏡を取り出し、ネクタイが曲がっていないか確認する。次にジャケットのボタンを見て、一番下がちゃんと外れていることを確認する。最後にポケットのフタを中へとしっかりしまう。ばっちりだ。

 数学科の僕の就活は酷く難航していた。まず、アピールすべきポイントが見つからない。同じ理系でも化学や生物などの実験系の分野は「こういう研究をしました」「新しい事実を発見しました」などの自分の結果がある。しかし、数学科は往々にして研究結果を持たない。厳密には、3、4年大学に通ったくらいでは研究までたどり着けないのだ。

 数学科では、ひたすら教科書や論文を読み、先人たちの知恵や知識を頭に蓄える。その作業にとんでもない時間を費やす。1日10時間以上、1つの問題に向き合うこともザラだ。考えて考えて、ようやく少し分かった気になれる。研究の段階にたどり着けるのは、そうして5、6年経った時だ。

 そんな僕に学生時代に頑張ったことといえば、勉強しかない。そして、それを好意的に捉えてくれる面接官はそれほど多くはない。大抵は「勉強しかしなかったの?」と小馬鹿にしてくる。勉強すらまともにできないやつが馬鹿にするんじゃない。僕が勉強したことを話しても1ミリも理解できない癖に。

 ただ、そう文句も言っていられない。5社、10社、15社と、不採用が増える度に不安と苛立ちが募っていった。

 そんな僕の救世主となったのが就活マナーだ。就活マナーには就活で上手くいくポイントがたくさん詰まっている。例えば、身だしなみ。茶髪、長髪、寝癖はNG。襟足を揃えて清潔感を出すことが重要だ。スーツのボタンは真ん中だけ止めて、一番下は外す。ポケットのフタは室内ではしっかりと中にしまう。

 こうしただけで面接官の印象は随分と良くなった。面接官はまずそういった見た目を重要視する。前にテレビ番組で一般人とモデルどちらを採用するかという企画があったらしいが、圧倒的にモデルが採用されたらしい。それだけ外見は大切なファクターだ。

 就活にはマナーという不文律があり、それを守っているかどうかを雇う側は見ている。僕はそのコツを掴み、今日、最終面接までたどり着くことが出来た。

 おそらく後2、3分で僕たちのグループが呼ばれるだろう。廊下には僕の他に3人の就活生がいた。source:https://kakuyomu.jp/